橋を壊さず水路を改修する方法

既設水路上部の橋を取り壊さずに水路を改修する工事です。水路周辺は道路幅が
狭く家屋も立ち並び、さらに、軟弱地盤で地下水も高い悪条件な現場でした。
そんな悪条件な現場にも堂々と立ち向かう「オープンシールド工法」により、U
型カルバートを施工しました。

オープンシールド工法(推進タイプ)

■工事場所     和歌山県
■製品・工法   オープンシールド工法NOSⅢ型:推進タイプ

登下校も安心!張出歩道床版

トラクター床版のこんな使い方

関連記事

  1. 道路補修。「ドーロガード工法」

    速乾性耐久補修材「メタクリル樹脂モルタル」(ドーロガード)と浸透性メタクリル…

  2. U型水路の浮上り対策していますか?

    情報シリーズ vol.97水路の浮上り対策は「浮かない水路」ですっきり!…

  3. 歴史的まちなみ整備に、鋳鉄製グレーチング

    福井県小浜市で今も古い街並みが残る情緒豊かな通りです。景観に配慮しながら、…

  4. さまざまなシーンで活躍する「フリューム3兄弟」

    情報シリーズ vol. 77◆特徴・土木用の製品に比べて安価…

  5. ため池に蓋でゴミを防ぐ!レコルパネル

    コンクリート製のため池に、落ち葉が入るのを防ぐための蓋。当初支柱を建てて…

  6. 狭い現場に対応 「鋼製水槽」

    本件は、農村生活環境整備(防災安全施設整備)の一環として、防火水槽の設置が新…

  7. 水の流れをスムーズに!ASフォーム

    浸水対策のための、水路改修工事です。平滑性に優れた、ASフォーム(高耐久性…

  8. 水路も道路も拡幅 門形カルバート

    既設水路の降雨時の氾濫対策としてYの字に分岐する部分の(末広がりにする)拡幅…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP