オープンシールド工法

地元のご要望にお応えして、既存の水路を暗渠化して道路の拡幅を行う工事です。
現場は、道路幅が狭く通常の矢板施工が出来ず、住民の生活道路ともなっているため、早期開放が必要でした。

「オープンシールド工法」の特徴でもある、騒音振動が少なく、降雨時においてもシールド機内に通水することもでき、掘削・排土・製品布設及び埋戻しを連続して行えるために早期に開放できることで採用となりました。

■工事場所    福井県おおい町
■製品・工法   オープンシールド工法 ARIC
■施工時期 平成26年

さまざまなシーンで活躍する「フリューム3兄弟」

大型オープン調整池 H7.0mまでプレキャスト化

関連記事

  1. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

  2. 大型オープン調整池 H7.0mまでプレキャスト化…

    情報シリーズ vol. 78◆工事概要■プレキャストオープン調整…

  3. 2分割RCボックスカルバート

    道路改良工事の施工事例です。工事内容が多岐にわたるため、工期、人員体制等…

  4. ホタルにやさしく!水路のリフォーム

    ホタルに配慮した水路改修工事です。アーム柵渠からの改修工事で、底版開口部に…

  5. 登下校も安心!張出歩道床版

    現場は、小学校の目の前にある通学路です。子供たちが安全に通学できるように歩…

  6. 散水ブロック

    あとから楽々!歩車道境界型散水ブロック

    国道歩道整備に伴う、老朽化した消雪用散水設備の維持・修繕工事です。「…

  7. 複雑な形状をプレキャスト化「ため池底樋」

    ため池底樋管はリニューアルしました。新しい仕様はこちらをご覧ください。…

  8. 大型地下ピット

    発電設備および建屋築造などに工期を要するため、下部構造の工期短縮が必要でした…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP