大型オープン調整池 H7.0mまでプレキャスト化

情報シリーズ vol. 78

◆工事概要
■プレキャストオープン調整池「れいんポート」
■規格   H3500
■貯留規模 41,100m3
◆採用POINT

    Point1
調整池予定敷地の大きさに制約があり、 設置スペースを大きく要する積ブロック等ではなく、直壁のL型構造が要求された。

   Point2

施工規模が大きく、総高が4m近くとなる構造物であり、現場打ち対応となると長期に渡る施工期間を要するため、プレキャスト部材を使用しての工期短縮が求められた。


高さ3.0m以上もプレキャストで対応可能!

◆施工断面図

 

◆寸法表

※3.0m以下の製品はこちら。

 ◆施工事例

 


れいんポートのページはこちらから

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

オープンシールド工法

浮力対策は フーチング付フリュームで。

関連記事

  1. 既設構造物の耐荷重性能を向上

    情報シリーズ vol. 82 基本構造「FRP格子筋とASモルタ…

  2. 既存ストック活かしませんか?防火水槽メンテナンス…

    情報シリーズ vol. 75コンクリート構造物の一般的な耐久年数は50年…

  3. PRC構造で軽量化。大型分割式カルバート「Hyp…

    「Hyperカルバート」はRC構造とPC構造の中間に位置するPRC構造の採用…

  4. オープン調整池はプレキャストでシンプルに

    高さ2.8mのオープン調整池は、壁面をプレキャストとすることでシンプルに築造…

  5. 現場が狭くてもらくらく簡単施工~横引き工法シリー…

    情報シリーズ vol. 83通常施工ができない場所(狭隘な場所・橋梁…

  6. ドーロガードキット

    情報シリーズ vol.49『ドーロガードキット』は、小規模補修用としてキ…

  7. 狭い現場に対応 「鋼製水槽」

    本件は、農村生活環境整備(防災安全施設整備)の一環として、防火水槽の設置が新…

  8. 地下へのスロープは、逆L型擁壁で。

    地下への進入路には擁壁が必要ですが、背面側(土側)にスペースがないことがしば…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP