繊維シートでボックスカルバートを補強

高強度連続繊維シートを被覆材で躯体コンクリートと一体化させ、ボックスカルバートを補強しました。 交通車両の変更など設計条件に合わせて、最適な繊維シートを選定いたします。

<高強度連続繊維シート補強の特徴>
①鉄筋の約10倍程度の強度です。
②施工後の寸法変化や重量変化がごくわずかです。
③被覆材は60分程度で硬化するため、施工が早いです。

■工事場所     滋賀県東近江市
■製品・工法   炭素繊維によるコンクリート構造物の補修・補強対策「PCスクラム工法」
■施工時期 平成30年

地下へのスロープは、逆L型擁壁で。

かぶせて時短!門形カルバート

関連記事

  1. 多様 防護柵用基礎ブロック「Gベース」

    防護柵基礎ブロックとして作られた「Gベース」ですが、さまざまな所で、さまざま…

  2. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

  3. 大型の共同溝は2分割ボックスカルバートで対応

    共同溝として使用するため、非常に高い止水性が求められます。製品同士の止水性は…

  4. 複雑な形状をプレキャスト化「ため池底樋」

    ため池底樋管はリニューアルしました。新しい仕様はこちらをご覧ください。…

  5. 鉄道下こそプレキャスト『軌道下ボックスカルバート…

    情報シリーズ vol. 70鉄道軌道下に敷設したボックスカルバート プレ…

  6. 自走式駐車場の転落防止壁

    情報シリーズ vol.91自走式駐車場の転落防止壁の施工が完了し、ご好評…

  7. 景観に配慮!防護柵用基礎ブロック「Gベース」

    富士五湖の一つ山中湖を外周する道路のガードレール改修工事です。外周する道路と…

  8. 道路ぎわの【収まり】を「Gベース」が解決

    情報シリーズ vol.62防護柵基礎ブロック『Gベース』はC種からSC種…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP