繊維シートでボックスカルバートを補強

高強度連続繊維シートを被覆材で躯体コンクリートと一体化させ、ボックスカルバートを補強しました。 交通車両の変更など設計条件に合わせて、最適な繊維シートを選定いたします。

<高強度連続繊維シート補強の特徴>
①鉄筋の約10倍程度の強度です。
②施工後の寸法変化や重量変化がごくわずかです。
③被覆材は60分程度で硬化するため、施工が早いです。

■工事場所     滋賀県東近江市
■製品・工法   炭素繊維によるコンクリート構造物の補修・補強対策「PCスクラム工法」
■施工時期 平成30年

地下へのスロープは、逆L型擁壁で。

かぶせて時短!門形カルバート

関連記事

  1. 多様 防護柵用基礎ブロック「Gベース」

    防護柵基礎ブロックとして作られた「Gベース」ですが、さまざまな所で、さまざま…

  2. 上も水路?下も水路?「縦」の空間利用で課題解決

    情報シリーズ vol.86住宅街を流れる水路。大雨などで溢れて困って…

  3. BOX+L型擁壁で、サイクリングロード整備

    サイクリングロードの整備です。安全面を考慮して、サイクリストができるだけ車…

  4. プレキャスト コーピングブロック

    情報シリーズ vol.25概 要港湾・河川の岸壁や護岸工事使用されて…

  5. 水路のリフォーム 表面被覆工法 ASモルタル工法…

    既設の農業用水路の延命、粗度係数改善、漏水対策の目的で、表面被覆工法を実施し…

  6. ガードレールの安全な設置に防護柵用基礎ブロック

    道路改良工事に伴いガードレールの設置が必要となりましたが、道路に平行して古い…

  7. 周囲の自然に溶け込んだコンクリート製品??

    情報シリーズ vol.100美しい自然との調和~着色コンクリート床版~…

  8. わずらわしいコーナー処理はプレキャストで!宅認擁…

    大地震対応宅造用L型擁壁「HDウォール」は90°、135°のコーナー用製品も…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP