宅造用L型擁壁は大地震対応へ HDウォール

近年の地震被害の状況から、大地震対応の大臣認定L型擁壁が求められるようになりました。本件では、フェンス孔対応とし、スッキリとした収まりとしています。

大地震とは:震度6~7程度。発生率は低いが巨大地震に起因するさらに高いレベルの地震
中地震とは:震度5程度。建築物等の供用期間中に1~2度程度発生する確率をもつ一般的な地震

■工事場所     静岡県島田市・牧之原市
■製品・工法   宅造用L型擁壁  HDウォール    大地震対応大臣認定擁壁 第1号

路面排水の集水能力をUP 街渠用自由勾配側溝

水路改修!ASフォーム

関連記事

  1. 水路へ楽々昇り降り。「階段ブロック」

    現場打ちでは非常に手間や労力がかかる階段工をプレキャスト化しました。プレキ…

  2. プレキャスト コーピングブロック

    情報シリーズ vol.25概 要港湾・河川の岸壁や護岸工事使用されて…

  3. 「摩耗」「衝撃」から守る!「ダクタルパネルライニ…

    水流や砂礫などで摩耗した固定堰の補修工事です。「耐摩耗性」「耐衝撃性」に…

  4. 維持管理性と経済性バランス 複合型雨水貯留システ…

    住宅団地の造成で、上部空間が活用できる地下式雨水貯留施設が計画されました。維…

  5. 「Hyperシンプルシート」で水路の目地をDIY…

    情報シリーズ vol. 65多面的機能支払交付金を活用!~水路の目地をD…

  6. 現場打ちはどこへ消えた?「脱」現場打ちへの道

    情報シリーズ vol. 79急斜面でもお構いなし!段々ボックスカルバート…

  7. 融雪システム稼動状況 福井県2016年度

    北陸 福井県で 融雪システムが稼働しています。福井県から、融雪システムの稼…

  8. 大型の共同溝は2分割ボックスカルバートで対応

    共同溝として使用するため、非常に高い止水性が求められます。製品同士の止水性は…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP