既存ストック活かしませんか?防火水槽メンテナンス

情報シリーズ vol. 75

コンクリート構造物の一般的な耐久年数は50年と言われています。
現在、50才を超える防火水槽は全国で約15万基にのぼり、老朽化による漏水で消防用水が不足することや震災時の躯体の崩落が危惧されています。
ホクコンでは防火水槽No.1メーカーとして今まで培ってきたノウハウから様々な補修補強工法を提案いたします。

■経年防火水槽の内部例

 

多様な技術で既存ストックの有効活用を応援します!

 ■既存コンクリート造防火水槽等維持管理マニュアル(案)

経年防火水槽に求められる目標性能
● 今後発生しうる大規模地震まで機能を維持できること
● 地震直後に被災した水槽の水で消火活動を行えること
● 地震後も水槽設置箇所を車両が通行できること

診断・補修・補強は「既存コンクリート造防火水槽等維持管理マニュアル(案)」(財)日本消防設備安全センター(H23.3)をはじめ関連指針に準拠して行います。

ホクコングループでは防火水槽の「調査診断から補修・補強の設計・施工まで」目標性能を満足する提案を行っています。

■実績

大阪府内 樹脂シリコーンシート+支柱工法

支柱による補強とひび割れに追従できるシリコーンシートでの防水事例です。

名古屋市内 炭素繊維シート+増厚工法

炭素繊維シートと増し厚で補強した事例です。

ホクコンの提案する工法は掘削不要!「水槽内部」から施工が可能です。
防火水槽を新設するよりも「コスト縮減」できる場合があります!

防火水槽メンテナンスのページはこちらから

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

小規模橋梁のお手入れ・とりかえ相談室

畦斜面での作業を安全・快適に!畦斜面歩道ブロック

関連記事

  1. 狭い現場に対応 「鋼製水槽」

    本件は、農村生活環境整備(防災安全施設整備)の一環として、防火水槽の設置が新…

  2. 現場打ちはどこへ消えた?「脱」現場打ちへの道

    情報シリーズ vol. 79急斜面でもお構いなし!段々ボックスカルバート…

  3. 薄層舗装補修工法「ドーロガード」

    情報シリーズ vol.99補修厚1cmから ~小さくても残したい橋に~…

  4. 冬場のゴミ取り、行かなくていいんです。『あと楽』…

    情報シリーズ vol. 74冬場のゴミ取り、行かなくていいんです。ご…

  5. 地域にあった「融雪・消雪」

    情報シリーズ vol. 60地域にあった「融雪・消雪」…

  6. 分割式大型「Hyperカルバート」

    情報シリーズ vol.64  こんな時代です。あちこちで土木インフラ…

  7. 水の流れをスムーズに!ASフォーム

    浸水対策のための、水路改修工事です。平滑性に優れた、ASフォーム(高耐久性…

  8. 河川補修 ASフォーム

    既設水路の甦りビフォーアフター!ASフォーム

    表面劣化した既設水路を取替えせずに、補修で甦らせることができます。粗度係…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP