水路のリフォーム 表面被覆工法 ASモルタル工法

既設の農業用水路の延命、粗度係数改善、漏水対策の目的で、表面被覆工法を実施しました。既設の水路はフリューム(二次製品)H600×B1000で、水路横に擁壁が設置されていたため水路を改修(新設に入れ替え)できず、補修工法が採用されました。

■工事場所     福井県丹生郡越前町
■製品・工法    ASモルタル工法
■施工時期     平成25年5月

動く土留による開削函渠埋設工法 OSJ工法

雨水貯留槽 地下水が高いとき

関連記事

  1. 用水路の目地部の漏水対策は、耐候性が重要です

    農業水利施設である用水路の機能保全、長寿命化を図るために、漏水が発生している…

  2. 雪対策技術年表 自然の力を借りて雪道を安全に

    散水と融雪(無散水)の技術の発展が早わかり!雪を解かす技術は、大きく分けて…

  3. いろんなところに蓋をする プレキャスト床版

    プレキャスト床版は、水路や防火水槽や桝などの蓋として、様々な用途で利用されて…

  4. 登下校も安心!張出歩道床版

    現場は、小学校の目の前にある通学路です。子供たちが安全に通学できるように歩…

  5. 冬支度はお済みですか?「あと楽」散水シリーズ

    情報シリーズ vol. 48雪国で道路の安全を守る「散水消雪」をご存じで…

  6. 維持管理性と経済性バランス 複合型雨水貯留システ…

    住宅団地の造成で、上部空間が活用できる地下式雨水貯留施設が計画されました。維…

  7. 狭隘な現場での橋梁施工 EPS工法

    海岸沿いの山間部に計画された農道新設工事です。狭隘な現場条件であり、進入でき…

  8. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP