瓦礫救助施設をつくってみました

プレキャスト製品で簡単に訓練施設をつくることができます。
フリューム(U型水路)、自由勾配側溝、L型擁壁で火災や災害時の状況を再現し、救助や消火活動の訓練に使われます。形状の異なる製品やテストピースなどを組み合わせることで、より瓦礫らしく再現することができます。

救助活動は光のない狭い空間となることも多いことから、蓋版で暗所を用意した事例もあります。
詳しくは、以下の東京都のプレキャスト訓練施設の事例もご覧ください。
https://www.hokukon.co.jp/jyoho/13-vol30.html

 

■工事場所    福井県内
■製品・工法   HSフリューム
■施工時期    平成30年3月

 

 

 

水路へ楽々昇り降り。「階段ブロック」

屋上・立体駐車場用スロープの転落防止に

関連記事

  1. 狭隘な現場での橋梁施工 EPS工法

    海岸沿いの山間部に計画された農道新設工事です。狭隘な現場条件であり、進入でき…

  2. 雪道、トンネルを走り抜けてみます。

    情報シリーズ vol.87車道用 融雪パネルが効く。雪道…

  3. 大型フリュームをオープン調整池として利用

    造成計画段階でオープン調整池の平面形状を細長くしていただいたことで、経済性、…

  4. オープン調整池はプレキャストでシンプルに

    高さ2.8mのオープン調整池は、壁面をプレキャストとすることでシンプルに築造…

  5. 水路の耐久性を向上!レジンコンクリートパネル工法…

    排水機能の低下が著しい幹線排水路の改修に、レジンコンクリートパネルが採用され…

  6. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

  7. 道路下に水路を拡げて生活道路も水路も確保!

    情報シリーズ vol. 69大雨で溢水して お困りではありませんか?…

  8. 融雪システム稼動状況 富山県2016年度

    北陸 富山県で 融雪システムが稼働しています。富山県から、融雪システムの稼…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP