かぶせて時短!門形カルバート

高速道路サービスエリアのランプ改良に伴い立体交差部の拡幅をおこなった工事です。ランプの閉鎖時間を最小限に抑えることが命題でした。まず、通行障害とならない側壁を現場打ち逆T型擁壁で構築し、その上部にプレキャスト門形カルバートをかぶせる施工方法とすることで、最小限の閉鎖時間とできました。

■工事場所 滋賀県
■製品・工法 門形カルバート B98714×H1486/1265×L987 19,490kg
■施工時期   平成26年4月~5月

 

繊維シートでボックスカルバートを補強

歩道を車道側に拡幅するには。

関連記事

  1. フラット側壁で境界問題解決!土留可変側溝

    新設道路に伴う側溝改良工事です。隣地は田んぼで谷になっており、土留め用を使用…

  2. 2分割RCボックスカルバート

    道路改良工事の施工事例です。工事内容が多岐にわたるため、工期、人員体制等…

  3. 川を渡るための側道橋にエレベーター設置でバリアフ…

    河川橋梁の改修工事で、歩車分離の側道橋を架ける工事です。側道橋に昇るため…

  4. 通学路を安心安全に!歩道床版

    中学校の校区再編成により、新たに通学路になった交差点付近です。子供たちの安…

  5. ガードレールの安全な設置に防護柵用基礎ブロック

    道路改良工事に伴いガードレールの設置が必要となりましたが、道路に平行して古い…

  6. パレード後も早期解放! 脱着式中央分離帯

    年に一度パレード会場となる本件の道路で、開催日当日に中央分離帯を撤去し車線全…

  7. 「水路再生」落差部の耐久性向上!ASフォーム

    農業用水路、落差部の補修工事です。磨耗による欠損部分に 耐磨耗性に優れた、…

  8. 雨水貯留槽 地下水が高いとき

    本件は、地下水位がGLから0.85mのところにあり(調整池の頂版まで)、ポン…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP