かぶせて時短!門形カルバート

高速道路サービスエリアのランプ改良に伴い立体交差部の拡幅をおこなった工事です。ランプの閉鎖時間を最小限に抑えることが命題でした。まず、通行障害とならない側壁を現場打ち逆T型擁壁で構築し、その上部にプレキャスト門形カルバートをかぶせる施工方法とすることで、最小限の閉鎖時間とできました。

■工事場所 滋賀県
■製品・工法 門形カルバート B98714×H1486/1265×L987 19,490kg
■施工時期   平成26年4月~5月

 

繊維シートでボックスカルバートを補強

歩道を車道側に拡幅するには。

関連記事

  1. 地域にあった「融雪・消雪」

    情報シリーズ vol. 60地域にあった「融雪・消雪」…

  2. 冬支度はお済みですか?「あと楽」散水シリーズ

    情報シリーズ vol. 48雪国で道路の安全を守る「散水消雪」をご存じで…

  3. プレキャスト階段工

    本工事は、管理用通路となる階段工です。工期の大幅な短縮、現場作業の削減等の…

  4. 水路底の耐久性向上!ASフォーム

    農業用水路の補修工事です。水路底部には、耐摩耗性に優れるASフォーム(高耐…

  5. 雪道、トンネルを走り抜けてみます。

    情報シリーズ vol.87車道用 融雪パネルが効く。雪道…

  6. 土留可変側溝

    側溝改良工事です。道路と隣地に高低差があるため、土留め用を使用しています。…

  7. 門形アーチで美しく!コンスパン

    市街地の再整備に伴い、公共施設の出入り口に設置されました。周辺の古い町並み…

  8. フラット側壁で境界問題解決!土留可変側溝

    新設道路に伴う側溝改良工事です。隣地は田んぼで谷になっており、土留め用を使用…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP