かぶせて時短!門形カルバート

高速道路サービスエリアのランプ改良に伴い立体交差部の拡幅をおこなった工事です。ランプの閉鎖時間を最小限に抑えることが命題でした。まず、通行障害とならない側壁を現場打ち逆T型擁壁で構築し、その上部にプレキャスト門形カルバートをかぶせる施工方法とすることで、最小限の閉鎖時間とできました。

■工事場所 滋賀県
■製品・工法 門形カルバート B98714×H1486/1265×L987 19,490kg
■施工時期   平成26年4月~5月

 

繊維シートでボックスカルバートを補強

歩道を車道側に拡幅するには。

関連記事

  1. 土留可変側溝

    側溝改良工事です。道路と隣地に高低差があるため、土留め用を使用しています。…

  2. 散水消雪用のポンプピットは、カスタマイズ性が大切…

    地下水を使った散水消雪では、さく井とポンプ室が必要ですが、機械設備の規模が物…

  3. 取水!GS水路

    「GS水路」は、プレキャスト水路にGSスクリーンを一体化した取水システムです…

  4. 水路拡幅 コの字ブロック

    コの字ブロックで、道路の下に水路を拡げ生活道路も…

    大雨で生活道路が浸水するので水路拡幅が計画されました。 民家が近接…

  5. 橋梁改修に「ボックス イン ザ ボックス」 カル…

    塩害を受けた場所打ちBOXカルバートの内部に、プレキャストBOXカルバートを…

  6. 狭い現場に対応 「鋼製水槽」

    本件は、農村生活環境整備(防災安全施設整備)の一環として、防火水槽の設置が新…

  7. 登下校も安心!張出歩道床版

    現場は、小学校の目の前にある通学路です。子供たちが安全に通学できるように歩…

  8. わずらわしいコーナー処理はプレキャストで!宅認擁…

    大地震対応宅造用L型擁壁「HDウォール」は90°、135°のコーナー用製品も…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP