歩道を車道側に拡幅するには。

歩道を車道側に拡幅し、車道と歩道の高低差を少なくすること(セミフラット化)で、歩きやすく車が敷地に入りやすくなりました。車道全幅が減少したにも関わらず、路肩の自転車の走行性は確保されています。これは、「小型排水側溝を境界ブロックの下部に配置する路面排水方式」により、省スペース化が図られたためです。

 
■工事場所    福井県勝山市
■製品・工法   小型排水側溝 グッドレイン
■施工時期   平成30年3月

かぶせて時短!門形カルバート

浸透貯留槽雨を流さず、乾いた大地へ「浸透貯留槽」

関連記事

  1. 山奥でもかるがる蓋かけ!「RECOL(レコル)パ…

    情報シリーズ vol.42概要山奥や軌道沿いなど、重機が進入できない…

  2. 繊維シートでボックスカルバートを補強

    高強度連続繊維シートを被覆材で躯体コンクリートと一体化させ、ボックスカルバー…

  3. 頭首工をよみがえらせる!ASフォーム・ASモルタ…

    表面劣化した頭首工を、補修で甦らせることができます。流水の影響を受け、摩…

  4. 水路拡幅 コの字ブロック

    コの字ブロックで、道路の下に水路を拡げ生活道路も…

    大雨で生活道路が浸水するので水路拡幅が計画されました。 民家が近接…

  5. プレキャスト階段工

    本工事は、管理用通路となる階段工です。工期の大幅な短縮、現場作業の削減等の…

  6. 維持管理性と安全性ならコンクリート製 地下式調整…

    公共施設建築の開発造成に伴う地下式調整池(貯水槽)で、上部空間は駐車場に使用…

  7. 狭隘な現場での橋梁施工 EPS工法

    海岸沿いの山間部に計画された農道新設工事です。狭隘な現場条件であり、進入でき…

  8. 登下校も安心!張出歩道床版

    現場は、小学校の目の前にある通学路です。子供たちが安全に通学できるように歩…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP