歩道を車道側に拡幅するには。

歩道を車道側に拡幅し、車道と歩道の高低差を少なくすること(セミフラット化)で、歩きやすく車が敷地に入りやすくなりました。車道全幅が減少したにも関わらず、路肩の自転車の走行性は確保されています。これは、「小型排水側溝を境界ブロックの下部に配置する路面排水方式」により、省スペース化が図られたためです。

 
■工事場所    福井県勝山市
■製品・工法   小型排水側溝 グッドレイン
■施工時期   平成30年3月

かぶせて時短!門形カルバート

浸透貯留槽雨を流さず、乾いた大地へ「浸透貯留槽」

関連記事

  1. フェンス対応の逆L型擁壁で敷地有効活用

    境界沿いに擁壁が必要な造成で、谷側が計画地となる場合、積ブロックや 通常の擁…

  2. 水路の耐久性を向上!レジンコンクリートパネル工法…

    排水機能の低下が著しい幹線排水路の改修に、レジンコンクリートパネルが採用され…

  3. 狭隘な現場での橋梁施工 EPS工法

    海岸沿いの山間部に計画された農道新設工事です。狭隘な現場条件であり、進入でき…

  4. 水路の上にバス停を整備

    高齢者ドライバーの事故がクローズアップされています。免許返上者にバスチケッ…

  5. 生態に、景観に、配慮!化粧模様付きU型水路

    市街地を流れる水路の改修工事です。ニシキゴイの泳ぐ美しい川の改修のため景観…

  6. 「Hyperシンプルシート」で水路の目地をDIY…

    情報シリーズ vol. 65多面的機能支払交付金を活用!~水路の目地をD…

  7. 散水ブロック

    あとから楽々!歩車道境界型散水ブロック

    国道歩道整備に伴う、老朽化した消雪用散水設備の維持・修繕工事です。「…

  8. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP