歩道を車道側に拡幅するには。

歩道を車道側に拡幅し、車道と歩道の高低差を少なくすること(セミフラット化)で、歩きやすく車が敷地に入りやすくなりました。車道全幅が減少したにも関わらず、路肩の自転車の走行性は確保されています。これは、「小型排水側溝を境界ブロックの下部に配置する路面排水方式」により、省スペース化が図られたためです。

 
■工事場所    福井県勝山市
■製品・工法   小型排水側溝 グッドレイン
■施工時期   平成30年3月

かぶせて時短!門形カルバート

浸透貯留槽雨を流さず、乾いた大地へ「浸透貯留槽」

関連記事

  1. 屋上・立体駐車場用スロープの転落防止に

    商業施設の「立体駐車場スロープ」「屋上」の転落防止壁をプレキャスト化しました…

  2. 防護柵基礎ブロック「Gベース」

    米子駅前バスロータリーを早期復旧

    高速バスロータリーの舗装補修及び歩道等の改修工事事例です。当初、現場…

  3. 瓦礫救助施設をつくってみました

    プレキャスト製品で簡単に訓練施設をつくることができます。フリューム(U型水…

  4. 水路の耐久性を向上!レジンコンクリートパネル工法…

    排水機能の低下が著しい幹線排水路の改修に、レジンコンクリートパネルが採用され…

  5. 歴史に見る日本の側溝 ~必要な機能と役割~

    情報シリーズ vol. 73スリット孔付き側溝の起源は江戸時代にあった!…

  6. 小規模橋梁のお手入れ・とりかえ相談室

    情報シリーズ vol. 67ホクコンプレゼンツ!~小規模橋梁のお手入れ・…

  7. 逆L型で敷地を有効 オープン調整池

    オープン式の雨水調整池の計画で、不整形な敷地(でこぼこな形状)にて敷地面積の…

  8. 土留可変側溝

    側溝改良工事です。道路と隣地に高低差があるため、土留め用を使用しています。…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP