狭隘な現場での橋梁施工 EPS工法

海岸沿いの山間部に計画された農道新設工事です。狭隘な現場条件であり、進入できる施工重機や運搬車に制約がありました。検討当初、床版上部の土被りが大きく床版厚が大きくなり施工が難しい状況でした。そこで、埋め戻し土の代わりに軽量性と自立性を兼ね備えたEPSを使用することにより、床版への荷重軽減を図り、二次製品の床版で施工できる構造となりました。

■工事場所     福井県越前町
■製品・工法   EPS工法 ライトフィルブロックDX-24
■施工時期     平成22年8月

長寿命で高強度 鉄道用高欄(ダクタル)

ボックスカルバートを空気圧で浮上させて移動 エアキャスター工法

関連記事

  1. 融雪システム稼動状況 富山県2016年度

    北陸 富山県で 融雪システムが稼働しています。富山県から、融雪システムの稼…

  2. 「摩耗」「衝撃」から守る!「ダクタルパネルライニ…

    水流や砂礫などで摩耗した固定堰の補修工事です。「耐摩耗性」「耐衝撃性」に…

  3. 街渠用自由勾配側溝のバリアフリー対応

    道路勾配がない新設道路の排水計画で、L型街渠と自由勾配側溝の両機能を兼ねた街…

  4. 雨水貯留槽 地下水が高いとき

    本件は、地下水位がGLから0.85mのところにあり(調整池の頂版まで)、ポン…

  5. 雪道、トンネルを走り抜けてみます。

    情報シリーズ vol.87車道用 融雪パネルが効く。雪道…

  6. 融雪システム稼動状況 富山県2017年度

    この冬一番の寒気の中、北陸 富山県で 融雪システムが稼働しています。富山県…

  7. ふたのハネ上がりや角欠け等でお困りではありません…

    情報シリーズ vol.54側溝ふた固定ホクコンの可変側溝は無騒音構造…

  8. 融雪システム稼動状況 福井県2017年度

    北陸 福井県で 融雪システムが稼働しています。福井県から、融雪システムの稼…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP