コンクリート槽の沈砂機能で、維持管理性を高める 2槽式調整池

安価で施工性のよいプラスチック製雨水貯留槽と流入土砂を確実にメンテナンスできるコンクリート製雨水貯留槽の複合型システムです。コンクリート製の沈砂能力は「日本下水道新技術機構-建設技術審査証明」で評価されています。

■工事場所    三重県津市
■製品・工法  複合型雨水貯留システム「ダブルポート」(ボックスカルバート+クロスウェーブ) V=2560m3

塩害仕様のL型擁壁と壁面パネル

転回広場を設置 フェンス取付対応のL型擁壁で敷地を有効活用

関連記事

  1. 魚類や底生動物の生息に配慮した排水フリューム

    環境配慮の排水フリュームとして、底版開口付きがよく用いられています。今回、魚…

  2. 薄層舗装補修工法「ドーロガード」

    情報シリーズ vol.99補修厚1cmから ~小さくても残したい橋に~…

  3. 大型フリュームをオープン調整池として利用

    造成計画段階でオープン調整池の平面形状を細長くしていただいたことで、経済性、…

  4. 維持管理性と経済性バランス 複合型雨水貯留システ…

    住宅団地の造成で、上部空間が活用できる地下式雨水貯留施設が計画されました。維…

  5. 高さ3m以上のオープン調整池もプレキャスト

    1ha以上の大規模なオープン調整池です。用地の有効活用のために逆L型の調整池…

  6. 山奥でもかるがる蓋かけ!「RECOL(レコル)パ…

    情報シリーズ vol.42概要山奥や軌道沿いなど、重機が進入できない…

  7. 浸透貯留槽

    雨を流さず、乾いた大地へ「浸透貯留槽」

    プレキャストボックスカルバート貯留槽に浸透機能を付加させた貯留槽です。降…

  8. 用水路の目地部の漏水対策は、耐候性が重要です

    農業水利施設である用水路の機能保全、長寿命化を図るために、漏水が発生している…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP