ゲンジボタルはどうなった?

モニタリング

ときには、雪の中をかき分けて。

改修されたホタル水路のモニタリングに向かいます。

冷たい水。自分とのたたかいです。

・・・・。

いました!ゲンジボタルの幼虫。

そして、幼虫のエサとなる大量のカワニナ。これで大丈夫。

 

春、桜が咲く頃。

雨の降った夜、水路に向かいます。

幼虫が、水路の側壁を登っていきます。

 

6月、ゲンジボタルの飛翔です。

 

ゲンジボタルのいる水路の改修

ホタルが飛び交う水路を改修する際、地元の方々の思いは、複雑です。

  • 子供や孫へ宝を残したい
  • 負担はかけたくない

二律背反の水路案のはざ間で、悩まれていることがしばしばです。

わたしたちのささやかな提案は、「ゼロ」(ホタルが全くいなくなる)を回避することです。

3面張り水路(側面と底面がコンクリートの水路)とした場合、
幼虫のすみかがなくなり、ホタルはいなくなります。

 

わたしたちの提案は、2.5面張り水路です。

  • 水路の底面の一部に土砂がたまる場所を用意
  • 側面の一部にコケの繁茂しやすい環境配慮型のパネルを設置

地域によっては、こういったバランスを探す解決策もあるのではないでしょうか。

ホタル水路の概要

農業水路のモニタリング

複雑な形状をプレキャスト化「ため池底樋」

関連記事

  1. 急傾斜対応 大型フリューム

    工期が短く、現場打ちの作業が困難な高低差35mの急傾斜地での水路施工事例です…

  2. あまみずのよりみち-健全な水循環の構築を目指して…

    情報シリーズ vol. 80本来は大切な資源である「あまみず」を、こ…

  3. 農作業時の昇り降りに。ステップブロック&トラクタ…

    農作業時、畦斜面の昇り降りは一苦労です。特に、農業の担い手の多くを占める…

  4. 浮力対策は フーチング付フリュームで。

    用水路の工事で、地下水位が高いことから浮力対策が必要となりました。側壁に設…

  5. 融雪システム稼動状況 富山県2017年度

    この冬一番の寒気の中、北陸 富山県で 融雪システムが稼働しています。富山県…

  6. 融雪システム稼動状況 高山市2014年度

    岐阜県 高山市で 融雪システムが稼働しています。歴史と伝統の町、高山市。…

  7. 農業水路のモニタリング

    魚のモニタリングのあらましさあ、農業水路へ。その前に、靴を脱いで..…

  8. さまざまなシーンで活躍する「フリューム3兄弟」

    情報シリーズ vol. 77◆特徴・土木用の製品に比べて安価…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP