擁壁背面側の表面水にも配慮。様々な加工ができるオープン調整池「れいんポート」

宅地からの表面水をダイレクトに落とせるよう天端に切り欠きを設けました。
少量排水を留め置かないよう、調整池内(河床部)に導水U字溝を敷設しています。

■工事場所     静岡県浜松市北区
■製品・工法   オープン調整池 れいんポート H-2200
■施工時期     平成23年7月

 

バリアフリー化への近道「ラクシス」

PRC構造で軽量化。大型分割式カルバート「Hyperカルバート」

関連記事

  1. 構造物を守る!ダム・頭首工の長寿命化技術

    情報シリーズ vol. 71「磨耗」、「衝撃」から構造物を守る!ダム・頭…

  2. 端面もプレキャストだからスピーディーな施工 地下…

    某小学校グランド地下に設置する計画で、以下の要件から地下式調整池 MVPシス…

  3. 維持管理性と経済性バランス 複合型雨水貯留システ…

    住宅団地の造成で、上部空間が活用できる地下式雨水貯留施設が計画されました。維…

  4. 地域にあったローカルエネルギーで雪を融かす。

    温泉地の観光街路として、地中熱を使用した融雪システムが導入されました。通常…

  5. フラット側壁で境界問題解決!土留可変側溝

    新設道路に伴う側溝改良工事です。隣地は田んぼで谷になっており、土留め用を使用…

  6. 融雪システム稼動状況 石川県2015年度

    北陸 石川県で 融雪システムが稼働しています。2016年1月23~25日、…

  7. 水路へ楽々昇り降り。「階段ブロック」

    現場打ちでは非常に手間や労力がかかる階段工をプレキャスト化しました。プレキ…

  8. 融雪システム稼動状況 福井県2016年度

    北陸 福井県で 融雪システムが稼働しています。福井県から、融雪システムの稼…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP