魚の遡上をお手伝い。「ダブルウイング型魚道」

国営のほ場整備事業対象地に「ホトケドジョウ」が生息しており、保全対策として魚道を設けました。

越流部中央は、魚が遡上しやすい形状になっているため、高い遡上率が期待できます。

FRP製双翼型魚道の事例はこちら

■工事場所     京都府亀岡市
■製品・工法   双翼型魚道(ダブルウィング型魚道)
■施工時期 平成30年8月

道路補修。「ドーロガード工法」

非常用発電機燃料用地下タンク保護躯体「オイルタンクガード」

関連記事

  1. 自転車レーン整備に・・・縁石一体型側溝「グッドレ…

    情報シリーズ vol.43有効幅員アップ!自転車走行時のヒヤリ解消安…

  2. 融雪システム稼動状況 高山市2014年度

    岐阜県 高山市で 融雪システムが稼働しています。歴史と伝統の町、高山市。…

  3. 歴史に見る日本の側溝 ~必要な機能と役割~

    情報シリーズ vol. 73スリット孔付き側溝の起源は江戸時代にあった!…

  4. 上も水路?下も水路?「縦」の空間利用で課題解決

    情報シリーズ vol.86住宅街を流れる水路。大雨などで溢れて困って…

  5. 住宅街の景観に配慮!化粧L型水路

    パイプラインの整備にあたり、既存水路の幅を狭くする工事です。水路の片側に狭…

  6. 耐震性U型水路

    U型水路に低コストで耐震性能を付加する技術

    情報シリーズ vol.89低コストで耐震機能をプラス 耐震性U型水路…

  7. 小学校にエレベーターシャフトを短期間で設置

    大規模改修工事に伴い、バリアフリー化などの観点からエレベータを設置する工事で…

  8. 2分割RCボックスカルバート

    道路改良工事の施工事例です。工事内容が多岐にわたるため、工期、人員体制等…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP