雨を流さず、乾いた大地へ「浸透貯留槽」

プレキャストボックスカルバート貯留槽に浸透機能を付加させた貯留槽です。
降った雨を一時的に貯留し時間差をつけて下水道や河川に放流しますが、「底版の開口」や「側壁の透水穴」から地面に浸透させることでピーク量を減らすことができます。

■工事場所    東京都内
■製品・工法   プレキャスト浸透貯留槽 B4200×H2300×L16m 底版切欠開口 側壁φ75
■施工時期    平成30年

 

浸透貯留槽 浸透貯留槽 浸透貯留槽

歩道を車道側に拡幅するには。

オープン調整池の維持管理性を高める。

関連記事

  1. ドーロガードキット

    情報シリーズ vol.49『ドーロガードキット』は、小規模補修用としてキ…

  2. 幅5.8mの大断面 Hyperカルバート

    当初現場打ちBOXの設計でしたが、・大断面であること・周辺の果樹園の収穫…

  3. 大型地下ピット

    発電設備および建屋築造などに工期を要するため、下部構造の工期短縮が必要でした…

  4. 工場見学会を実施しました

    弊社工場にて福井県コンクリート診断士会の工場見学会を実施平成29年8月2…

  5. プラスチック槽の弱点克服!

    施設駐車場敷地内の地下式雨水貯留施設です。「ダブルポート」は維持管理性の高…

  6. BOX+L型擁壁で、サイクリングロード整備

    サイクリングロードの整備です。安全面を考慮して、サイクリストができるだけ車…

  7. 高さ3m以上のオープン調整池もプレキャスト

    1ha以上の大規模なオープン調整池です。用地の有効活用のために逆L型の調整池…

  8. 水路拡幅 コの字ブロック

    コの字ブロックで、道路の下に水路を拡げ生活道路も…

    大雨で生活道路が浸水するので水路拡幅が計画されました。 民家が近接…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP