維持管理性と経済性バランス 複合型雨水貯留システム ダブルポート

住宅団地の造成で、上部空間が活用できる地下式雨水貯留施設が計画されました。維持管理性と経済性をバランスさせた2槽式の地下式調整池が採用されました。

  • 1次槽(コンクリート製):土砂を沈砂堆積させ、維持管理をここに集中させます。
  • 2次槽(プラスチック製):経済的かつ施工性に優れます。雨量の少ない場合は流入しません。

■工事場所     愛知県豊田市
■製品・工法  複合型雨水貯留システム ダブルポート  V=960m3(貯留量 820m3+堆砂量 140m3)
■施工時期     平成22年12月~平成23年3月

フーチング一体型U型カルバートで、水路拡幅

散水消雪用のポンプピットは、カスタマイズ性が大切です。

関連記事

  1. 雨水貯留槽 地下水が高いとき

    本件は、地下水位がGLから0.85mのところにあり(調整池の頂版まで)、ポン…

  2. PRC構造で軽量化。大型分割式カルバート「Hyp…

    「Hyperカルバート」はRC構造とPC構造の中間に位置するPRC構造の採用…

  3. 「ASフォーム」で住宅街を流れる河川もつるつるリ…

    情報シリーズ vol.41 農業農村整備民間技術情報データベース登録「A…

  4. 張り出し歩道床版

    情報シリーズ vol.24概 要EPS上の設置および埋設物との関係上…

  5. 冬支度はお済みですか?「あと楽」散水シリーズ

    情報シリーズ vol. 48雪国で道路の安全を守る「散水消雪」をご存じで…

  6. 取水!GS水路

    「GS水路」は、プレキャスト水路にGSスクリーンを一体化した取水システムです…

  7. 人力で山腹水路の蓋がけを。「レコルパネル」

    山腹用水路に、土砂や落葉が進入しないようにする蓋がけ事業です。蓋がけをする…

  8. 土砂吐けをリニューアル!

    水流や砂礫などで摩耗した土砂吐けの補修工事です。「耐摩耗性」「耐衝撃性」…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP