幅5.8mの大断面 Hyperカルバート

当初現場打ちBOXの設計でしたが、
・大断面であること
・周辺の果樹園の収穫時期は施工が不可能であること

以上のような理由から、工期の短縮が望まれていました。

そこで、大断面にも対応可能なプレキャスト Hyperカルバートが採用されました。
数ヵ月以上掛かる工程が、約1週間に短縮されました。

■工事場所 山梨県
■製品・工法 Hyperカルバート B5800×H5500
■施工時期   平成31年

 

いろんなところに蓋をする プレキャスト床版

分割式大型「Hyperカルバート」

関連記事

  1. 上下分割カルバートで大きな配管取付「プレキャスト…

    水道管を取付するプレキャスト弁室です。プレキャストは現場打ちと比較して、工…

  2. 門形アーチで美しく!コンスパン

    市街地の再整備に伴い、公共施設の出入り口に設置されました。周辺の古い町並み…

  3. 「ASフォーム」で住宅街を流れる河川もつるつるリ…

    情報シリーズ vol.41 農業農村整備民間技術情報データベース登録「A…

  4. 深型雨水貯留槽で、敷地を有効活用

    公園の地下に計画された深型(内空高7m)の調整池です。深型調整池 MVP-D…

  5. 橋梁改修に「ボックス アンダー ザ ブリッジ」

    う回路のない半島の道路。橋梁の耐力が不足していました。海水浴場の海開きまでに…

  6. オープン調整池はプレキャストでシンプルに

    高さ2.8mのオープン調整池は、壁面をプレキャストとすることでシンプルに築造…

  7. 土砂吐けをリニューアル!

    水流や砂礫などで摩耗した土砂吐けの補修工事です。「耐摩耗性」「耐衝撃性」…

  8. 雨水貯留槽 地下水が高いとき

    本件は、地下水位がGLから0.85mのところにあり(調整池の頂版まで)、ポン…

カテゴリー

ピックアップ

PAGE TOP