パレード後も早期解放! 脱着式中央分離帯

年に一度パレード会場となる本件の道路で、開催日当日に中央分離帯を撤去し車線全域をフラットしていました。この道路は、片側3車線の非常に交通量の多い一般道路で、分離帯ブロックのより迅速な「撤去・移動・復旧」が望まれていました。老朽化した分離帯ブロックに替え、新しい二次製品はロングスパン製品とし、作業安全性・経済性・景観性に配慮した形状が採用されました。

■工事場所   神戸市
■製品・工法  フラワーロード移動式分離帯 180/200×250×5050
■施工時期   平成22年3月

魚類や底生動物の生息に配慮した排水フリューム

街渠用自由勾配側溝のバリアフリー対応

関連記事

  1. ため池底樋システム

    ゴルフ場内の2個の池をつなぐ底樋の改修です。ゴルフ場の営業が止められず、工事…

  2. シンプル&スリムな「L型擁壁」で課題もスッキリ解…

    情報シリーズ vol.92道路用L型擁壁「HSウォール」シリーズは、シン…

  3. 自走式駐車場の転落防止壁

    情報シリーズ vol.91自走式駐車場の転落防止壁の施工が完了し、ご好評…

  4. 防護柵基礎ブロック Gベース

    坂道、曲線にも対応 防護柵用基礎ブロック「Gベー…

    高速道路のインターチェンジ新設工事で勾配が付いた曲線部分で施工しました。…

  5. 融雪システム稼動状況 福井県2016年度

    北陸 福井県で 融雪システムが稼働しています。福井県から、融雪システムの稼…

  6. 「ASフォーム」で住宅街を流れる河川もつるつるリ…

    情報シリーズ vol.41 農業農村整備民間技術情報データベース登録「A…

  7. 橋梁改修に「ボックス イン ザ ボックス」 カル…

    塩害を受けた場所打ちBOXカルバートの内部に、プレキャストBOXカルバートを…

  8. 複雑な形状をプレキャスト化「ため池底樋」

    ため池底樋管はリニューアルしました。新しい仕様はこちらをご覧ください。…

カテゴリー

ピックアップ

  1. 水路拡幅 コの字ブロック
PAGE TOP